QカワサキSTX-15FのSLTDクラスで08年度以前の船体に09年度型ウォーターボックスを取付け(交換)してもよいでしょうか?
A.SLTDクラスでは、交換しても良い。ただし、規則集880−9−()ウォーターボックスは純正品を使用し、改造してはならない。
  規則集804ノイズレベルを超えることのないようにして下さい。

 
  STD・STKクラスでは、エキゾーストシステムの改造が不可ですので、交換は不可となります。

 Q. 4サイクルストッククラスでインジェクターの交換は可能でしょうか。
A. 規則集P30 7 - (4ストローク)−(1)のとおり交換してはいけない。

Q. 2サイクル用のアレスターは承認部品としてありますが、4サイクル用のアレスターは決まって
   ないのでしょうか。社外品はどれを使用しても良いのでしょうか。
A. 規則集P21−2吸気系 (1)フレームアレスター(ロ)のフレームアレスターに限り使用できます。
Q. SKI LTD クラス SX-R 電装ボックス内にあるイグニッションコイルは社外品を使用して良いのか。
A. 規則集P37−11−電気系統(ロ)のとおり社外品をしても良い。
Q. STX-R及びSTX-15Fのリアトーイングフック、部品番号27012−3836−6Zをはずして
  穴を埋めても大丈夫でしょうか。
A. 27012−3836−Zの部品は取り外し可能です。穴埋めも可能です。
  危険のないように改造を行ってください。

Q. 1500cc4サイクルSLTDで排気のブローバイホースの交換は可能でしょうか。
A. ブローバイホースの交換は可能です。但し、必ずインテーク側にもどるようにしてください。
Q. 1200LTDクラスで燃料タンクとキャブレター間に燃料セパレーターを取付けたいのですが、
   自社加工品の取付けは可能でしょうか。
A. 現状では取付け可能です。危険の無いように取付けを行ってください。但し、これについては問題提議
   されており、それによっては、今後使用できなくなる可能性があります。

Q.RXPのフードをRXXのフードに交換しても良いか。安全であればどんなフードでも良いのでしょうか。
A. 「880−12艇体関係(3)」のとおり交換してもよい。但し、「危険を生じないように、かつ、純正の
   外観を維持した」改造、社外品は使用してよい

Q.スーパーポンプコーンはSTK・LTDクラスに使用しても良いのか。溶接して使用しても良いのか。
A. 850STK−14(ポンプドライブ系統)−(2)、(3)及び880LTD−14(ポンプドライブ系統)−(1)-(ホ)
   、(2)のとおりスーパーポンプコーンは使用できない。850STK−14(ポンプドライブ系統)−(2)
   及び880LTD−14(ポンプ   ドライブ系統)−(1)-(ホ)の「純正品に類似した形状」のとおり
   溶接して使用することはできない。

Q.船体のサイドバンパー取付けに関して、リベット止めをトラストビスにて止めなおす事は可能でしょうか。
A. トラストビスにて止めなおす事は可能です。(使用するトラストビスの図面が必要になります。)
  危険の生じないように止めてください。

Q.(SKI-800SX-R) LTDクラスにおいて、純正のジェットポンプ圧を利用したビルジシステムを
  取外しても良いか。
A. 取外して良い。

Q.870−8−(5)−(イ)バルブアッセンブリーの改造、社外品の使用が可能となりましたが、
  リードスペーサーは使用可能でしょうか。
A. リードスペーサーは社外品を使用しても良い。

Q.最近のスコープゲート後方にアーチ型の吸水効果の向上が期待できる部品があります。
  少々滑走面に出っ張りますが、12mm以内の突出であれば問題ないのでしょうか。
  802−4−(1)(ホ)を参照の吸水フィンとみなされるのでしょうか。
A. スコープゲートは部品単体での判断はできませんので、
  実際にレースに使用する艇に取付けた状態で計測して、レギュレーションに基づき判断してください。
  判断できない場合は、大会会場でインスペクターに確認を取ることも可能です。
  [802−4−(1)(ホ)の解釈について]
  吸水フィンに限らず、規則集(P75図)のとおりバーと船底と結んだ線から、
  外側にはみ出してはならない。

Q.TBMのライドプレートはレギュレーションそのままでOKでしょうか?
A.カタログ標記ではレギュレーションに適合していても製造上の誤差等もあるので、取り付けるプレートをJJSFに送るか、
  大会会場で使用する艇に取付けた状態でインスペクターに確認をしてもらって下さい。


Q.ベースガスケットの社外品の使用は可能ですか。
A.「ベースガスケットは社外品と交換してよい。ただし、純正品に準じた形状のものとし、1.52mm(0.060in)を超えてはならない。」
  のとおり使用できます。規則集P35 7本体系統(9)に追加されます。


Q.オーパスブロックオフプロシリーズは使用できるのか。
A.トリムタブ・トランサムフィン扱いとして、厚み8mm以上に丸み5R以上、面取り(1cm以上)であれば使用できる。

Q.クラフトマンズ社エクステンションKIT商品番号SXR010の排気エンドキャップは使用可能ですか。
A.クラフトマンズのエクステンションKIT商品番号SXR010については承認部品ではないので使用できません。
  当連盟の賛助団体B(規則集P122参照)でエクステンションKIT商品番号SXR010を扱っているところがあれば
  部品の承認について相談してみてください。


Q.1300Rのシリンダーに1200Rのスリーブを入れるのは可能ですか。その場合、排気量は何ccまでですか。
  ポート加工、ボーリングはしてもよろしいですか。1200Rのシリンダー使用を使用した場合は、ポーティング
  とボーリングは可能ですか。

(1300Rのシリンダーで登録した場合)
A.
1300Rのシリンダーにスリーブを入れること、ポート加工、ボーリングは可能です。ただし、排気量は1297ccを超えてはならない。
1200Rのシリンダーで登録した場合)
A.1200Rのシリンダーを使用した場合はポーティングとボーリングは可能です。ただし、当該クラスの排気量を超えてはならない。

Q.規則集P28、6、(7)リヤストレージケースとはシート内の内ブタのことですか?
A.そのとおりです。

Q.STX-R1200STKの場合シートの後ろの取っ手のようなものは取外しても良いか。
A.取外しできません。

Q.ライドプレートのネジが例えば10本あり、その内の1本か何本かがはずれている場合は失効になるのでしょうか。
A.ボルトが1本ぐらい外れていても失格にはならないが、それによりプレートやゲート等がずれて規則を超えた場合は失格になります。

Q.RXP改造クラス AR/A1200SLTD O1600SLTD)のシートに穴を開けていいですか?
A.規則集P48(15・1・イ)から加工は大丈夫です。しかし、エンジンルーム内に直接水が入らないように加工して下さい。

Q.1200LTDクラスにおいて「冷却水供給ラインは加工したり追加してよい」と記入されていますが、右記画像のように純正の
  冷却水分配パイプを使用せず各シリンダーにアルミブロックを加工しフィッティングを取り付け、各気筒毎(1気筒につき1本の
  冷却水供給ラインのホースを取り付ける)に冷却水供給ラインのホースを取り付けてもOKなのでしょうか。

A.規則集P36(10・4・イ)冷却水供給ラインは、加工追加してよい。しかし、シリンダーの加工はしてはならない。

Q.燃料タンクのワンウェイバルブ(リリーフバルブ)は他社の純正品と交換して良いでしょうか?
A.規則集P49(17・2)「同一メーカーの純正品と交換してよい。」となっているので、他社の純正品とは交換してはいけない。

Q.フリースタイルでのマシン(JS650X2)に新型X2(JF800X-2)の純正ウォーターBOXを使用することは出来るのか。
A.同一機種ではない為、使用できません。

Q.LTDではレゾネーターを外しても良い事になっていますが、外した後にアルミパイプ(MR-STX0014)の取付けは可能か。
A.規則集P36.9(3)からレゾネーターは取り外しても良い。排気ホースの材質は問いませんが、金属を使用することで
  ノイズレベルを超えないようにして下さい。


Q.今年からベースガスケットは1.54mmまでOKとの事ですが純正品の複数重ねも良いでしょうか。
A.レギュレーションご案内2006-2から枚数・材質は問いませんが純正品に準じた形状厚さは1.52mmです

Q.4サイクルのビルジについて、社外品ポンプノズルに、純正品と同様のビルジシステムを追加しても良いのか。
A.規則集P21(801-6)「危険を生じない、ビルジポンプ及びビルジドレインシステムは使用してよい。」のとおり追加しても良い。

Q.4サイクルのビルジについて、スイッチを船体外部に設置するのであれば、電動ビルジポンプ装着はして良いのか。
A.規則集P21(801-6)「危険を生じない、ビルジポンプ及びビルジドレインシステムは使用してよい。」のとおり追加しても良い。

Q.ストローカークランク組み込みに対してクランクケースの内部加工を行いますが、一定のストロークを超えると
  クランクケース壁面が外部と貫通します。貫通部分の補修・補強は可能でしょうか。
A.規則集P50 890-7-(4)-(ロ)のとおり外部加工はできません。

Q.プロフリースタイルクラスの船体重量のリミットはどのくらいですか。
A.P25 810 (1)114kg以上をフリースタイルでも適用する。

Q.B SKI STKとB R/A1200STKで規則集P31 15-(1)-(イ)で言うところのシートパッドとは何を示すのですか。
  また、シートベース(純正品)を使用すれば、高さ、形、中身のスポンジ部分の材質形状の変更はできるのか。
A.シートとパッドの中身と表面のカバーは変更できる。

Q.P32-16-1 一般補修部品で使用するプラグコード、及びキャップの形状や構造の制限は無いと判断して良いでしょうか。
  また、これらの改造は可能でしょうか。
A.交換、改造は可能ですが、その他のレギュレーションに従って安全に行うこと。

Q.P29 電気系統 社外品の CDIはボックス内に納まれば変更可でよいのですね。
  また、CDIに付随するピックアップコイルの変更や加工、改造は良いですか。
それに伴い、点火コイルの変更の
  言い回しが良く分からないのですが。
ボックス内に収まれば、変更しても良いのですか。
A.交換可能です。

Q.ビルジシステムについて、自動的にビルジを排出するバルブをつければ、純正のビルジシステム全部を取り外しても良いですか。
A.取り外しは可能です。ただし、純正外の物を取り付ける場合は802-6に従ってください。

Q.アクセルワイヤーは社外品や純正品の加工・改造等しても良いですか。
A.801-3-(3)のとおり可能です。

Q.バンパーは違う船艇のものと変更しても良いですか。(KAWにYAMのバンパーを取り付ける場合)
  また、その場合の注意事項等有りますか
A.801-1のとおり可能です。

Q.PRO W SKI LTDクラスにおいて社外品のポンプ、ドライブシャフト、カップリング(ドライブシャフト側)
  カップリング(エンジン側)の交換は可能ですか。
A.交換可能です。

Q.シードゥ RXPで純正ポンプに使用しているインペラウエアリングをRIVA製のステンレスウエアリングに交換可能ですか。
A.交換用のウエアリングは使用しても良い。

Q.R/A1200LTDでウォーターインジェクションを取り付けても良いか。
A.規則集P36 870-10-(4)により取り付けても良い。

Q.ポンプシューの変更はSTK・LTD・SLTDそれぞれ許可されていますか。
  また、その形状の制限はどうなっていますか。
A.STK・LTD・SLTDで交換できます。形状はP77の図のとおりで、ゲートとハルを結んだ線より出る部分は研削する。
  規則集P22 4-(1)-(ニ)のとおりです。

Q.B SKI LTDでイグニッションコイル及びプラグコードは社外品に交換できますか。また、モトイネレーシング製の雷電コア
  は取付けできますか。
A.コイルは規則集P37 11-(ロ)、コードは規則集P39 16-(1)のとおり交換できます。雷電コアはバッテリーの端子に
  繋げるということなので取付けできます。

Q.ハイドロスペースでワンウェイビルジの取付けは可能ですか。
A.規則集P21 6-(2)-(イ)のとおり取付けできません。

Q. 1600STKクラスでRXPのシート下の部分のニーパット及びニーパットカバーは取外し可能ですか。
A.取外し可能です。但し、エンジンルームの通気口となる孔は塞がなければならない。

Q.ブローバイガスをインテークBOXに戻すホースに基準はありますか。
A.ホースに基準はありませんが、現状の使用で耐熱及び耐油のある物を使用してください。

Q.キャッチタンクに外気を吸い込むタイプのチェックバルブを取付け可能ですか。
  また、それにもエアフィルターが必要でしょうか。
A.キャッチタンクから出るホースは、チェックバルブなどを入れてもインテークに戻さなければならない。

Q.RXP,RXTのスーパーチャジャー純正装着について、(STK・LTDクラス)フレームアレスターがスロットルバルブより
  エンジン側に組み込まれている場合スーパーチャジャーまでの吸気導入通路(船内)を変更。導入開口部の先端に
  フィルターを追加取付け時、このフィルターについての指定はありますか。
A.OEMのフレームアレスターが装着されたままであれば、追加のフィルターに指定はありません。

Q.インテークパイプ(アレスターからスーパーチャージャーの間)の材質は指定がありますか。
A.不燃性であれば、材質の指定はありません。

Q.プロ・アマウィメンクラスで、プロクラスのライダーはポンプケースの改造及び社外品の使用が可能ですが
  (870-15-(3)(イ))
  A、B級でもポンプケースの改造及び社外品の使用が可能ですが。
A.使用できます。
↑ページトップ
>>レギュレーションTOP